2008年12月30日

旅の終わりに、、、

28日の朝、混沌のインドを発ち、マレーシアの首都クアラルンプルへ。
ボルネオで出会ったマレーシア人の友人の家で一泊過ごし、朝早くにクアラルンプールを出て、昨晩上海に到着。
最近上海に転勤になったばかりの東京の友人と食事。
今夜北京へ夜行列車で向かい。
31日の明日午後、飛行機で東京へ、夕方東京に着く。

10日前にカルカッタを出てから、移動が続く。
大きなバックパックが一つと、中型のバックが一つ、合計35キロほどを持っての移動はかなりきつい。
10分も歩けば、両肩がしびれてくるし、担いだ後は、疲れのせいか、急激な眠気に襲われる。それに、バスや列車での睡眠に加え、乗り物の時間に合わせるため、短い睡眠時間が続く。

そんな疲れにも関わらず、移動は旅の中でも最も好きな時間の一つ。
めまぐるしく変わる景色の中で、次々といろいろな考えが頭の中をめぐる。
特にこの10日はこの8ヶ月の旅を振り返りながらいろいろなことに思いを巡らせている。

インドネシアの小島に始まり、オリンピック直前の北京、砂漠での植林、モンゴルでの皆既日食、香港、マカオ、ボルネオの大自然、ジャングルでの植林、インドのコミュニティーでの生活、混沌の都市カルカッタ、そしてヒンドゥー教の聖地バラナシと、沢山の場所に行った。

そして、各地で数え切れない人や生命と出会い助けられ多くのことを学んだ。

バスの運転手からお互いに一生忘れられない出会いとなった人々、
安らぎときれいな空気と食べ物を与えてくれた植物たち、
見て、嗅ぎ、感じた大地、風、水、、、
世界中どこにいても、毎日のように登る太陽と月、時に影や恵みの雨を与えてくれる雲たち、
生きるために必要な酸素、食べ物、服、建物を与えてくれた植物、動物を含む豊かな生態系まで、

旅の先々で触れたあらゆるものが無数に頭の中をよぎる。


今回の旅では、
生命、無機質な鉱物、酸素などの物質、光まで、
そのひとつひとつが複雑に絡み合い繋がり合い織り成す生態系が、自分たちの生と命をより豊かで色鮮やかで深みのあるものにしてくれていることを強く感じることが出来た。


そして、その思いは、今回の旅のテーマである環境問題に対する根本的な考え方を変え、自分の人生に対す考え方にも大きな変化を及ぼし、更には、生きることにより多くの喜びをもたらしてくれた。


明日からは、又、日本での生が始まる。
日本での慣れた生活に溺れることなく、旅で得たものを活かし、より素晴らしい世界で、より素晴らしい生を生きられるようにしたい。


Life is beautiful. 人生は素晴らしい、
Lives are beautiful. 生命は素晴らしい。

posted by taku at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

命は水!

旅をしていて「水」の大切さを実感させられる場面にとにかくよく出会う。

山やジャングルといった自然の中へトレッキングに行く時には必ず水を持っていくし、
インドのように衛生状況が悪い場所では常に細心の注意を払っていなければいけないし、
中国の沙漠でも、ボルネオのジャングルでも、インドでも、植物の命のために水が欠かせない、
汚れた食器や服を洗うために水が必要になる、、、、

水がなければ生命は生きられないし、人間の豊かな文明生活もないをこと痛感させられる。

しかし、今、人類の文明活動でその水が大量に使用され汚染され不足し始めている。
つまり、不足した分誰かの生活環境が悪化し、生命は存続の危機に瀕する。

そして、アフリカで水不足による紛争が起きているにも関わらず、環境破壊による水不足はまだ実際には起きていないと考えるのは、まったくの間違い。
一つの地球という球体の中で起きている以上環境問題には、国境などまったく関係がない。

例えば遠いアフリカのどこかで起きた水不足によって、水を求め土地を離れた人々が周辺に広がる。
そこで水を求めた争いが起きる、もしくは、平穏だったとしても、人口過剰になったその場所でも水不足が起こり、又、更に多くの人々が周辺へと水を求める。
そして、その輪は世界中にどんどんと広がっていく。

河川、地下水、氷河、雨、湖、人が使うことが出来る世界中の水資源をあげていくとこんな感じになる。
そしてその一つ一つが、水力発電、下水処理、産業、生活排水、農業など人間の文明活動によって大量に使用され、汚染されている。

水源の一つが使えなくなったとしても、人間の文明活動は減ることはなく、その負担はそのまま他の場所へと移り、そして、その場所がまた使えなくなるまで汚染さるか使い切られる。
そして、やがては、地球上のほとんどの水資源が汚染され使いつくされてしまう。

そうなれば、当然文明活動は衰退し命は存在しつづけられない。

生命にとって必要不可欠な水、
水が汚れれば自分たちも汚れ、
水がなくなれば、自分たちもなくなる。

IMGP9805.JPG


posted by taku at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

旅人、中田英寿のメッセージ!

中田英寿、二年前のフランスワールドカップを最後にプロサッカー選手を引退、その後は、世界中を旅している。
そして、彼は、中田ドットネットという自分のホームページで旅の日記を発信し続けている。

引退のときの彼の日記を読んで感動したことを覚えている。誰もがあこがれる超一流のサッカー選手という立場にあり、まだ現役続行が可能にも限らず引退し旅を選ぶことの理由。
他人には、そう簡単には理解できないような、いろいろな出来事、想いが、彼をそういう決断にさせたんだと思う。
彼は、周りに惑わされることなく素直に自分の信じることを実行した。
それは、多分「もう一度、世界を知り、自分を探すこと。」

ヨーロッパという世界中のサッカー選手が集まる場所でプレーし、その後、旅に出て、今まで自分が行くことのなかった途上国やそこで暮らす貧しい人々に触れていく中で、もう一度、確かな世界を知り、その世界の中で自分はどんな存在なのかを知る、それが、自分を知っていくことになる。
つまり、自分は世界の一部であり、世界を知ることが自分を知ることになる。

旅の中で、その感覚を確実に得ていく彼の姿が、とても興味深い。

自分も同じような理由で世界を旅して、同じような感覚を得ていった。もちろん彼のように華やかな世界を知っているわけではないが、世界に対する思いや、感覚はかなり近いものがあり、共感できる部分が多いし、勉強になることも多い。

中田英寿は31歳、ボクは28歳、つまり同じ世代になる。多分、そんな、今の日本の30歳前後の世代の中で、彼は、最も世界の多くを見て感じてきた人の一人だろう。

つまり、そんな彼の発するメッセージは、もっとも現実に近い今の世界の状況をあらわしているように思う。

そして、今、彼は、名誉やお金、スポーツの枠に囚われることなく、世界を旅し感じた純粋なメッセージを多くの人々に届けようとしている。

「今、世界中にある多くの問題、環境問題、貧困、エイズ、、、その多くの問題は、地球に生きる全ての人が関わっている問題であり、全ての人が問題に耳を傾け、小さなアクションでもいいからする必要があること」

中田英寿のホームページ
http://nakata.net/jp/index.html

彼が最近とったアクション
http://www.takeaction2008.com/

posted by taku at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

香港での不思議な出会い、、、

8月23日、広州駅に朝到着。
亜熱帯の暖かく湿った空気、そして、南国の明るい人の雰囲気に誘われるようにして、突然、迷っていた香港行きを決意することにした。
この空気の中だったら、香港に1泊するだけの強行スケジュールも可能な気がした。

その後、バス、地下鉄と乗り継ぎ午後の3時に香港の九龍に到着。
小さな島にひしめくビル、いろいろな人種、看板、ネオン、、、、、、エネルギッシュで混沌としたアジアの大都会香港。
整然とした東京とは違い、汚く騒がしいが、なんともいえないエネルギーに満ち溢れている、
いろいろなものがひしめきあう、ジャングルのよう。

飛行機の関係上、たった一泊だけの滞在しか出来ない。
何をしようか迷う。ただ、フラフラと街を歩くのもよい、それぞれの角、路に住むいろいろな人々や行き交ういろいろな人々やあふれるものからのにおいや記憶の数々、、、、、、

少し街をフラフラした後、何をするか悩んだ末に、香港の夜景を見に行くことにした。
これだけの大都会の夜景、間違いなく絶景だろうし、環境的な観点からでも、見ておきたいとおもった。
人間の造った大都会の姿、もしかしたら、今は実際に使われて人の住んでいないピラミッドや神社といった歴史的な遺跡を訪ねることよりも、何か意味があるようにおもった。
現代の人間が造りあげたもの、その姿を客観的に眺めることの意味、、、、、、

香港を一望できる丘の頂上へ行くトラムの駅に着くと、土曜日ということもあって沢山の人が並んでいる。
そして、最後尾に着いたときに、反対から来た白人の女性に、Do you speak English?と訪ねられる。
Yesと答える。
これはトラムのための列なのと聞かれ、そうみたいだねと答える。
そこで、話は終わり、それぞれ、列に並ぶ。
こういったときに、そのまま話をすることもあるし、しないこともある。
ただ、このときは、話しかけてみることにした、どうせ数十分は待つことになりそうだし、お互いに一人で来ているわけだし。

どうも彼女は、ニューヨークのマンハッタンにあるMTV系列の音楽系テレビ局で働いて、今回は、やっと取れた2週間ほどの休みを利用して、北京の友達のところに遊びに来たらしく。僕と同じように一泊だけ香港に来たとのこと。年齢は聞かなかったけど、多分30代後半くらいだろうか。
そして、お互いのことをいろいろと話したりしているうちに、20分ほどでトラムに乗ることが出来た。

トラムの中でも、会話は続き、彼女がボクに、あなたは何のために旅をしているの?という質問をしてきた。
実は、環境問題のことをもっと深く知りたくてと、答えたところ、
実は、私は、そこのテレビ局で環境コンサルティングをしているのよねって答えが返ってきた。

ここ最近、企業はますます環境問題への取り組みを問われるようになってきている。
企業は必死になって環境に対する新しい法律や規制、社会の要求に答えるためや、企業イメージを落とさないためになど、いろいろな努力をしている。
ただ、多くの企業がどこか、環境問題をやむなく企業に取り入れているという感が拭えず、そのやり方は、どこか表面的で、無理があったりすることが多く。

そんな中、彼女は、環境問題を取り入れることは、イメージアップなどだけでなく、電気代などの資源、経営コストが減ることで利益が上がることや、社員の会社に対するプライドを高めることで仕事環境の改善や効率の向上につながり、最終的には、経済的にも良いことだということをコンサルティングしている。

まさしく、自分がやってみたいことだった。
彼女のように大きな企業のコンサルティングとまでは、言わないとしても、環境的なアイデアを上手に取り入れることでビジネスをより良いものにしていくこと。
今のビジネスは、どこか、まだ環境に対してマイナスなイメージを多くもっている。
それをやることは、面倒なことが増えることで、つまり、仕事や考えることが増える分、ビジネスにとってはマイナスであるという考え。
しかし、今や、環境のことは避けて通ることができない。
だから、どうせだったら、これを上手く取り入れることで、ビジネスを、社会を、それぞれの人生をより深く良いものにしていくことが出来たら良い。

そして、今はアメリカやヨーロッパでこういった考え方が大きく社会を変えている。
因みに、そういった人たちを、Social Entrepreneur 日本語で社会企業家という。
彼女の名刺にもこの名前が書かれていた。 

この旅で、彼女のような仕事をしている人に、是非、会ってみたいとおもっていたし、それなりのリサーチをしていたけど、いまいち、これから旅をする東南アジアやインドでは見つからなかった。だから、いつか、この手のことが一番進んでいるアメリカに行ってみたいと、本気で考えていた。

人生はとても不思議だ。

天文台に登って、二人で香港の摩天楼を眺めた。
日本人とアメリカ人、お互いたった一日の滞在で訪れた大都会香港での、不思議な出会い。

ボクと彼女は眼下に広がる大都会の夜景を見ても、ロマンチックに浸る他の多くの観光客と違いどこか純粋に景色を喜ぶことが出来ない。
この大都会のためにどれだけの電力、資源が使われ、どれだけの自然環境が壊されたのか、彼女といろいろと環境の話になる。
最近、これから向かうボルネオの熱帯雨林のことを調べているうちに、凄く衝撃的なことを本で読んだ、その話を彼女にした。

熱帯雨林の伐採が急速に進むボルネオ島。
この島の熱帯雨林をもっとも多く輸入しているのは、日本。そして、主に輸入した木はフタバガキという種類になり、高いもので高さ80メートルにもなる巨木。
この木は、合板材もしくは、コンパネ材と言われ多くを住宅の建築や、ビルの建設に使うコンクリートの型枠として使い捨てにされたりしてきた。
つまり、この大都会は何百年もかけ成長した巨木の犠牲に成り立っている。
少し、大げさな表現に聞こえることけど、自然の力なしにはこの大都会のビルも無数に輝く電気も存在しない。

そんなことを話し、今の地球が抱える多くの問題を考え、少し重たい空気が流れる。
そんなときに、彼女が、言った言葉がとても印象に残っている。

「ダメダメ、ポジティブにならなきゃ、希望はある!」

そんな彼女の言葉が、勇気をくれた。
ダメでもいい、時間がかかってもいい、ボクも、必ず、彼女のようなことをしよう。

IMGP2222.JPG

IMGP2293.JPG

IMGP2303.JPG
posted by taku at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

アマゾンからボルネオへ

6年前に南米を旅した時に、アマゾン河を訪れた。

アマゾンと呼ばれる部分のほとんどはブラジルに位置するんだけど、ペルーやコロンビアなどにもその支流や源流があり、僕は、ペルーにある源流の一つを地元の船で街から街へ6日ほどの旅をした。
目指す街までは、船か飛行機でしかいけない。道路が通せないほどに熱帯雨林が生い茂る。

船は、生活物資や資材を積み、河沿いの小さな村にいくつか寄り、最後の街まで行く。
そして、船には40名ほどの一般人も乗せていく、だから、お客が寝る部屋なんかはいちいちない。
それぞれにハンモックを吊るして適当に寝る。
ただ、あまりスペースがないので、重なるようにして、自分の左上と右下に、違う人のハンモックがかかっているので、結構、具合が悪い。
そして、ご飯は、河の水をくみ上げて船上で料理されたもの。これは、かなり、具合が良くない。
しかし、そんな調子で船は6日間ゆったりとアマゾン河を下っていくので、地元の人たちと触れ合うことが出来、とても楽しかった。

そんな船の生活で、南米の旅の中でももっとも印象的な風景に出会った。
地元の人ばかりの中で、自分以外にもう一人外国人がいた。どこの国だったのかは覚えていないけど、確か白人だったとおもう。
その彼と、何度も船の上に登ってアマゾンの景色を眺めた。特に、有名な観光地でもなく、
大きなアマゾンの河と生い茂る熱帯雨林がひたすらに見えるだけの景色。
それなのに、そのときの景色というか全身で感じた感覚はとても強烈なものだった。

空には、日本で見るのと同じくらいの高さに雲の層があり、その下に、地上からわずか数百メートルくらいのところに雲がいくつもある。熱帯雨林に保たれた水分が日中の暖かさで蒸発して、雲になる。
いくつかの場所からは、熱帯雨林から空に昇っていく水蒸気が見え、
同時に、違う場所を見ると雲から雨が、熱帯雨林の生い茂る大地に降りそそいでいるのが見える。

そして、自分の肌に触れる空気にもふんだんの水が含まれているのを感じることが出来る

目の前では、水の循環システムがはっきりと見える。

雲、雨、森、大地、水蒸気、、、、

そして、南米の強い日差しの光をうけて、広大なアマゾンの熱帯雨林に広がる植物たちが生み出す酸素。

水、酸素、緑、光、生命の源がダイナミックに循環するアマゾン。

いまも、その景色というか、全身で感じたものを忘れられない。

因みに、アマゾンの熱帯雨林は世界の肺と呼ばれ、世界の森林の酸素排出の3分の1をになっている。
そして、現在、アマゾンの熱帯雨林は、材木や、石油に代わるバイオ燃料を作るための耕作地を増やすためや、焼畑農業による伐採で森林が急激に減少している。更に、森林が消失した後の乾燥した土地が、大規模な火事を発生させ、森林消失は拡大している。
このままだと、50年以内にアマゾンの森は消失してしまうといわれている。

世界には、アマゾンのほかに、中央アフリカと東南アジアのボルネオ島に大きな熱帯雨林の森を残す。

そして、この後、8月の末より、2ヶ月ほどボルネオ島に行く予定になっる。

1億8千年前に端を発し、氷河期の影響を受けなかった世界最古の熱帯雨林であり、世界でも、もっとも濃密な動植物の生態系をもつ生命の宝庫ボルネオ。

しかし、この島も、アマゾンと同じく熱帯雨林の大部分を伐採で失っている。
そして、もっとも多くの伐採をおこなって来た国は、悲しいことに日本。

今回の旅では、そんなボルネオの伐採の状況も観にいってみたいと思う。
間接的ではあっても、自分たちがしてきたことをしっかりとこの目で見ること、そして、このままいけば、失なうであろうボルネオの大自然を、見にいくことの大切さ。

後、出来るだけ多くの木を植林をしてこようとおもっています。

*綺麗な写真とわかりやすい文章で世界の熱帯雨林や森のことがわかるホームページです。
http://www.forests-forever.com/
posted by taku at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

環境への旅

11日の日曜の朝成田を出発し、北京、Xiamen(英語の名前しかわからないが、台湾近くの都市)、ジャカルタと経由して、昨日、バリ島に到着。


バリ島近くにあるギリ・メノという人口わずか300人ほどの小島で、環境に優しいビーチリゾート計画に3年ほど前から参加している。

今回で6度目の滞在、7月のはじめまでの二ヶ月間の滞在を予定。

詳しくは、http://www.thesunsetgecko.com/


その後は、8月の1日にカナダから中国にかけて見ることができる皆既日食を、モンゴルの西の果てで見る予定。
当然天候によっては見えないことも。

自然をテーマに旅をすることの多かった自分にとってどうしても見てみたかった自然現象の一つが皆既日食。

当然のように、いつも昇り沈んでいく太陽、地球にとって、太陽は神。

太陽がなければこの地球の生命はなく、当然私たちも存在していない。

参考までに、こんなところで見る予定です。
http://www.ameblo.jp/ad-line/entry-10048378985.html
http://ab.ab-road.net/GUIDE/REPORT/01250.html



そして、その途中、中国のクブチ砂漠で植林をしている日本の団体日本砂漠緑化実践協会にてボランティアを、一週間ほどする予定。

80歳の日本人の老人が中国の砂漠で植林を始め、この団体は300万本の植林をし、現在は、砂漠のところどころに林と呼べるほどの緑が出来るまでに。

砂漠を緑に変えるという、ほぼ不可能に思えるようなことを成し遂げた日本人の老人、残念ながら、本人は数年前に他界してしまったが、是非、この目で見てみたい。

日本砂漠緑化実践協会
http://www.sabakuryokka.org/

これは、その遠山さんについての記事。
http://www.yorozubp.com/0104/010406.htm
http://japanese.china.org.cn/politics/archive/jianjiao/2007-09/25/content_8947475.htm


更に、日食後は、世界最古の熱帯雨林をようするボルネオ島に飛び植林をする予定。

ボルネオは、南米アマゾンそして西アフリカと、地球にある三つの熱帯雨林のうちのひとつで、他の2つの熱帯雨林と同じく、現在、伐採により急速に失われている。

熱帯雨林は地球の肺と呼ばれるほどに多くの二酸化酸素を吸収し、酸素を排出している。言うまでもなく、自然そして自分たち人類にとってとても重要な存在である。

残念ながら、ボルネオ島の木をもっとも多く輸入してきたのは、わたしたち日本人。

がん細胞に犯されたような現在の地球の肺をこの目で見に行ってみたい。そして、少しでも、何かできれば、、、

出発直前の10日金曜、恵比寿のバー・レストラン恵比寿駅前食堂にて、旅の出発パーティーをした、うれしいことに50名近くの友人が集まってくれました。

来てくれたみなさん本当にありがとうございます。

そこで、植林の話をさせていただき、興味がある方は10円からでもお金を託していただければ、ボクが代わりに木を植えてきますってことを話したところ、みなさんから合計で約1万4000円を託していただくことができました。

うれしいですね。

どれだけの、苗木を買うことができるかは現地に行ってみないとわかりませんが出来るだけ多くの木を植えてこれるように頑張ります。

ボルネオ及び熱帯雨林のことを知りたい人はこちらのホームページがお勧めです。
http://www.forests-forever.com/


その後、予算が余っていれば、南インドにあるオーロビルと言う世界的に有名なコミューンを訪ねることが出来ればと思っています。

人間の欲望を利用したシステム資本主義の中で育ち生きている自分たちとは、まったく違う価値観を持ち生きている人たち、別にヒッピーになる気も出家する気もテロリストになる気もないけど、他の価値観を持ち生きている人たちに出会ってみたい。

そこから、何か違うものが見えてくるかもしれない。

http://www.auroville.org/

ということで、今回の旅のテーマは環境。

旅を通して環境のことを深く知り、少しでも多くのことを多くの方に伝えていければとおもいます。

まずは、知ること、そして、知ることで行動が変わり、少しでも何かが良い方向に向かっていけばと思います。

posted by taku at 20:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 環境の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。