2010年05月18日

ビート・コミュニケーション

ドラム・ビートだけのコミュニケーション。

職場の友人繋がりで、
偶然、ドラムカフェって言うイベントに参加した。
南アフリカから始まった、
ドラム(ジャンベ)を使った、企業などのチーム・ビルディングのワークショップを、
ドラム・カフェと呼ぶ。
それを日本に持って来たのが友人の友人で、
これから広めようと頑張っているところらしい。

普段、立て前や、策略、競争ばかりのコミュニケーションで、
いまいちコミュニケーションがとれない人たちとも、

ビートの中では、性別も、職業も、頭の良さも、外見も関係ない、

ただ、ひたすら叩けばいい。

そして、お互いのビートをただ楽しめばいい。

胎児のときから、
母親の鼓動を全身で感じてた、

だから、その記憶は誰の体の中にも刻まれている。

子供のようにドラムを叩く大人たちの姿は、
コミュニケーションはこんなにも純粋なんだってことを想いだせてくれる。

お互いのビートをただ楽しめばいいし、

心が踊るようなビートを一緒につくれればいい。

IMGP1397.jpg
posted by taku at 02:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。