2008年11月28日

知的な生物「人」?

猿と人を較べてみると、身体的には人は猿から飛躍的な進化をしているとはいえない、毛がないくらいで猿とまったく変わらない同じ動物といえる。

しかし、精神的には、猿と人には大きな差があり、進化の過程にとって飛躍的な発展をしたといえ、多くの人が人類のことを唯一の知的生物と呼ぶ。

猿は猿で居る限り延々と、猿山の天辺に登ることを争い続ける。それを自然の一部として繰り返す、だから猿はそれでいい。

しかし、知的に進化したはずの人間が、相変わらず猿山の天辺に登ることを争い続け、更にはその猿山のある地球をも破壊しようとしている。

人類は本当に知的と言えるのか?

人類、自分たちには今よりももっと、知的に精神的に進化できる可能性が必ずある。


posted by taku at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。