2008年09月23日

旅人、中田英寿のメッセージ!

中田英寿、二年前のフランスワールドカップを最後にプロサッカー選手を引退、その後は、世界中を旅している。
そして、彼は、中田ドットネットという自分のホームページで旅の日記を発信し続けている。

引退のときの彼の日記を読んで感動したことを覚えている。誰もがあこがれる超一流のサッカー選手という立場にあり、まだ現役続行が可能にも限らず引退し旅を選ぶことの理由。
他人には、そう簡単には理解できないような、いろいろな出来事、想いが、彼をそういう決断にさせたんだと思う。
彼は、周りに惑わされることなく素直に自分の信じることを実行した。
それは、多分「もう一度、世界を知り、自分を探すこと。」

ヨーロッパという世界中のサッカー選手が集まる場所でプレーし、その後、旅に出て、今まで自分が行くことのなかった途上国やそこで暮らす貧しい人々に触れていく中で、もう一度、確かな世界を知り、その世界の中で自分はどんな存在なのかを知る、それが、自分を知っていくことになる。
つまり、自分は世界の一部であり、世界を知ることが自分を知ることになる。

旅の中で、その感覚を確実に得ていく彼の姿が、とても興味深い。

自分も同じような理由で世界を旅して、同じような感覚を得ていった。もちろん彼のように華やかな世界を知っているわけではないが、世界に対する思いや、感覚はかなり近いものがあり、共感できる部分が多いし、勉強になることも多い。

中田英寿は31歳、ボクは28歳、つまり同じ世代になる。多分、そんな、今の日本の30歳前後の世代の中で、彼は、最も世界の多くを見て感じてきた人の一人だろう。

つまり、そんな彼の発するメッセージは、もっとも現実に近い今の世界の状況をあらわしているように思う。

そして、今、彼は、名誉やお金、スポーツの枠に囚われることなく、世界を旅し感じた純粋なメッセージを多くの人々に届けようとしている。

「今、世界中にある多くの問題、環境問題、貧困、エイズ、、、その多くの問題は、地球に生きる全ての人が関わっている問題であり、全ての人が問題に耳を傾け、小さなアクションでもいいからする必要があること」

中田英寿のホームページ
http://nakata.net/jp/index.html

彼が最近とったアクション
http://www.takeaction2008.com/

posted by taku at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。