2008年08月16日

モンゴル日蝕の旅 後半編

8月10日夕方、日蝕の旅を終えてモンゴルの首都ウランバートルに到着。ドライバーを含め全員疲労でかなり疲れている。それに、そうとう埃っぽい。未舗装のがたがた道がかなりこたえた。

8月1日の日蝕後、翌日は一番近くの街まで一日中ひたすら走り続けた。4日間キャンプ生活でまともな料理を食べていなかった上に、最後は水もなくなりそうになっていた。2日の夜遅くに着いた街で、やっと井戸からの水にありつけた。
水や食料、当たり前におもっていたことの有難さを痛感する。

その後は、現地ドライバーの疲労もあって、少しペースを落とすことに。途中、小さな滝の近くでキャンプをしたり、日本人の経営する温泉宿に泊まったりして、モンゴルの自然を楽しみながら、北東のウランバートルを目指す。

9日、最後の夜は、モンゴルの穏やかな景色が広がる湖のほとりでキャンプ。
自分たちのテントのすぐ横を馬の群れが湖に向かって走り抜けていく。
緯度が高いせいで、夏の間、日は長く日没は8時半くらいになる。
そして、日が長いのと同じように夕日も又同じように長く、一時間半程綺麗な夕日をゆっくりと堪能できる。
そして、最後は、寝袋に包まりながら夜空を眺める。満天の星に、天の川もはっきりと見え、流れ星もいくつも見える。
雄大で美しいモンゴルの自然の中、旅の疲労感が逆にさわやかな気持ちにさせてくれた。

15日間一緒に旅をした9人の仲間、そして、旅のチャンスをくれたモンゴルの自然と人々に深い感謝。

相変わらず、旅を通して学ぶことの多さに驚かされる。そして、今回は、他の人たちと一緒に旅をすることで、更に多くのことを学ばせてもらった。
今回学んだことを活かして、これからの残りの旅をもっと深く良いものにしていきたい。

IMGP0766.JPG

IMGP0954.JPG

IMGP1238.JPG

IMGP1277.JPG

IMGP0896.JPG

IMGP0900.JPG

IMGP0965.JPG

IMGP1480.JPG
posted by taku at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | モンゴル皆既日蝕の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。