2008年08月13日

7月20日 生命を繋ぐ植物

7月20日
今日が植林ボランティア最終日。

昨日に引き続き植林をさせていただけることに、植林といっても常駐でこちらに滞在している方々はいつも木を植えているわけではなく、基本は日本からの植林ツアーでボランティアさんが来た時に植林をする。

常駐のボランティアの方は通常、水遣りを主に木を植える以外の仕事をしていることが多いそう。
沙漠での植林ということで、ただ植えれば木が育つというわけもなく、水遣りなどのその後の世話もかなり大変。
そして、植林した木の数は300万本以上になるのでかなりの広さになる。植林地というよりも、大農場と言った感じ。

今回、実際に木を植えるという作業をさせていただけたのは、せっかくボランティアに来たので木を植えるという実際の作業を体験させてあげたいということで、たまたま入った追加植林の予定を、わざわざ、ボクの来る時期に合わせてくれてのこと。
凄く有難いですね。

少しでも多くの人に植林を体験して欲しい、知って欲しいということを長期ボランティアの間瀬さんが何度か言っていた。
その言葉にとても強い想いを感じたので、印象に強く残っていた。

そして、その意味することが、今日の植林で更に深く理解することができた。

今日は、ボク個人としては30本ほどのポプラの木を植えた。

木を植えること、
28年生きてきて、今回が初体験。

木をはじめとする植物が二酸化炭素を吸収し、酸素を排出する。

その酸素を吸い生きている僕たち。

そして、野菜、穀物などの植物は、太陽の光と水によって成長する。

そしてボク達はそれを食べて生きている。

人を含めた全ての動物が植物なしでは生きていくことなどできない。

彼らが死に絶えてしまえば、自動的に自分たちも死に絶えてしまうのに。

それなのに、植物がしゃべることもしないし、動くこともしないせいか、まともに気にもとめず、ないがしろにして来た自分、自分たち。

そんな大切な存在に初めて、ほんの少し恩返しが出来た。


IMGP9458.JPG

IMGP9614.JPG
【関連する記事】
posted by taku at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 沙漠で植林 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。