2009年02月22日

優しさを持って! 優しさを持って、、、

久しぶりに本当に心を許せる友人と再会した。
相手のことを疑う必要のない、それくらいに素直な気持ちをもった友人。
常に優しさを持って人と自然と接する。

すべての人とそれくらい信じ合えれば、とても素晴らしいだろう。
理想主義と言われても、少しでも多くの人とそういう関係になれれば素晴らしい。
posted by taku at 03:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

自分たちの存在出来ている理由、、、

環境問題とは、自分が今いる場所はどこなのか?
そして、どのように生きることが出来ているのかということを、
しっかりと知っていくことから始まる。

それでなければ、地球が太陽の周りを回っているのではなく太陽が地球の周りを回っていると勘違いし多くの間違った行動をしていた昔の人たちと同じことになり、正しい考えを持ち正しい行動をすることはできない。
いつも的外れな環境に対する考えを持ち、行動をとってしまう。

環境問題は、自分たちは宇宙空間に浮く地球という丸い惑星に存在し、太陽の周りを回り、太陽に照らされ、そのエネルギーを利用した地球という惑星の生態系のおかげで生きているということを知ることから始まる。

nasaNAS~20~20~120418~227119.jpg



posted by taku at 04:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

未来を変える!

「未来を変える!」

何かの本で、人と動物の違いについて書いていて、こんなことが書いてあった。

結局、同じように酸素を吸い、食べ物を食べて排泄し、生まれ死んでいくという意味では、人と動物にはそれほど違いはない。

あえていうとすると、人は考え、未来を予想し、想像し、行動することが出来るということだった。

このままでは、大変なことになってしまう。

このままでは、幸せに生きられないかも?

このままでは、生きられないかもしれない?

それでは、未来を変えればいい!

人には、未来を変える力がある。
posted by taku at 21:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の後で、

久しぶりにブログを書く。
パソコンがウィルスにやられたり、自分が風邪にやられたりしていて、すっかりパソコンに向き合っていろいろと物事を考えることができないでいた。
それに、時間が経ち旅の気持ちが薄れだし初めてきたことも重なり、少し、難しい時間を過ごしていた。

日々変化のある異国の地で異国の人々に囲まれ、自分らしさを保ちながらある目標に向かっていくことはある程度の海外経験がある自分にはそれほど難しくなかった。
むしろ、大量の情報と欲望が猛スピードで流れていく渦巻いていく東京の中で、同じようなバックグラウンドを持つ人々に囲まれて過ごす淡々とした日常の中にいるほうが、自分を見失いそうになってしまう。
おまけに、今の経済状況が世の中を不安で先の見えないものにしている。

「とてつもなく巨大な大都会の中であまりにも小さな存在の自分にいったい何ができるのだろう?」

「大量に流れる情報を妄信して、あれを買い、あそこに行き、あれを食べ、ただ働き、生きていけばいいのか?」

「本当の幸せとは?」

「本当の人間らしい生き方とは?」

「本当の自分らしさとは?」

「惑わすもののあふれる大都会東京の中で、
何にも惑わされず、自分の思いや感情に素直に、真実を一直線に見つめ、まっすぐ歩むことが出来ているか?」

最近は、そんな惑いも薄らぎ希望を見つめ、歩んでいけるようになった。

IMGP5270.jpg
posted by taku at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。